仮想通貨投資の始め方

RIPEMD-160

RIPEMD-160とは、ビットコインでよく使われるハッシュ関数のひとつです。

国家標準である「 SHA-256SHA-256とは、 ハッシュ値 を計算するための「ハッシュ関数」のひとつです。... 」と並んで、ビットコインでは代表的なハッシュ関数ですが、使われる回数はSHA-256の方が多いです。

RIPEMD-160は、アドレスなどで短い ハッシュ が必要になる場面で主に使われています。
その際、まず先にSHA-256を適用し、さらに重ねてRIPEMD-160を使用するのが一般的です。