仮想通貨投資の始め方

バイナンス(Binance)の登録方法と入金方法

バイナンス(Binance)の登録方法と入金方法

バイナンス(Binance)の登録方法から入金方法までを図解で説明します。
アカウント登録から本人確認と二段階認証設定、入金方法も解説していきます。

登録に必要になるもの

バイナンスでは、メールアドレスのみでアカウント登録し仮想通貨取引きをすることが出来ますが、本格的に取引きをする為には以下の3点が必要になります。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
  • 資金

メールアドレスを持っていないという場合、無料のGmailなどでも大丈夫ですので、きちんと受信可能なメールアドレスを1つ用意しておきましょう。

バイナンスは本人確認書類の登録をしなくとも取引きが可能ですが、1日の引き出し限度額を2BTC以上にしたいのなら必要になります。
数時間で何倍も価値が上がるようなアルトコインも多く取り扱っているバイナンスでは、小資金であっても、できれば初めに登録しておいた方が良いです。

免許証など身分書の表裏を撮影したもの2枚+1枚(後述します)を用意しておきます。

バイナンス(Binance)とは?

バイナンス

バイナンス(Binance)の特徴
  • 取引手数料が激安
  • 取扱い通貨の種類が100以上
  • ユーザー投票で取扱い銘柄を決めている

バイナンス(Binance)は、世界仮想通貨取引量ランキングで1位になるほど、世界的に人気の取引所です。

仮想通貨取引のたびに必要になる取引手数料は意外とバカにならないのですが、バイナンスでは0.05%~0.1%という激安といえる取引き手数料になっています。

また、100種類以上という多くの仮想通貨を取り扱っているのも大きな魅力です。

仮想通貨関連の情報収集をしていると、買い時らしき通貨の情報も耳に入ってきます。
しかし、自分が登録している取引所では扱っていないことも多く、その度に取り扱っている取引所を探して登録して…と、そうこうしているうちに目当ての通貨が高騰し、機会損失してしまうことが、この数ヶ月の間だけでも何度もありました。

数時間のうちに何倍もの高騰が頻繁に起こる仮想通貨投資で大きく稼ぐためには、情報を得てからのスピードが非常に重要になってきます。
バイナンス(Binance)では多くの銘柄を扱っているので、アカウント登録しておけば大抵の仮想通貨が購入できます。

取引き手数料が激安で、取扱い通貨が豊富。

この2つの魅力だけみても、バイナンス(Binance)へ登録しておかないこと自体が機会損失になると言っても大袈裟ではないでしょう。

今や仮想通貨投資をする方にとって必須の取引所となっています。

バイナンス(Binance)に登録する

アカウント登録

まずは、バイナンス公式サイトを開きます。

右上の「無料」をクリック。

バイナンス登録1

MEMO
Binance(バイナンス)は日本語に対応しています。
もし日本語にってない場合は、「登録」横の国旗ボタンから言語切替ができます。

アカウント登録画面になるので、メールアドレスとパスワードを入力して「登録」をクリックします。
※パスワードは8桁以上で大小英数字を混在させる

バイナンス登録2

日本語訳されていない馴染みのない画面がポップアップで出てきます。
これはロボットによる登録ではない事を証明するためのものです。

丸いボタンをクリックしたまま右へスライドさせるとパズルピースのようなものが出てきますので、黒っぽくなった穴にハマるような場所で止めます。
※少しくらいならズレていても大丈夫です。大体ハマった所で止めましょう。

バイナンス登録3

登録したアドレスに「【Binance】Confirm Your Registration」というタイトル(「登録確認」の意味)でメールが届くので、メール内にある「Verify Email」をクリックします。
※メールがなかなか届かない場合は迷惑メールボックスも確認しましょう

バイナンス登録5

メールアドレスの認証が完了して、アカウントが有効になりました。
「ログイン」からログインします。

バイナンス登録6

メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

バイナンス登録7

先ほどと同じようにパズル認証を行います。

バイナンス登録8

これでアカウントの作成は完了です。引き続き二段階認証を設定しましょう。

二段階認証設定

バイナンスにログインするとポップアップが出てきますので「Google検証」をクリックします。

バイナンス登録9

ポップアップが出てこない場合
バイナンスログイン後の画面右上の人型のアイコンから「ユーザーセンター」をクリックして「Google検証」横のボタンをクリックします。

二段階認証には「Google 認証システム(Google Authenticator)」という無料アプリを使用します。アプリをDLしてない場合は、スマホでアプリをインストールしましょう。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
Google認証システムGoogle Authenticatorの使い方とバックアップ方法
Google認証システムGoogle Authenticatorの使い方とバックアップ方法

アプリを開いて+ボタンから「QRコードをスキャン」でBinance(バイナンス)の二段階認証設定画面に表示されているQRコードを読み取ります。

バイナンス登録11

4のタブをクリックして各欄へ入力します。

バイナンス登録12

  1. 16桁のバックアップコードを入力
  2. Binance(バイナンス)のログインパスワードを入力
  3. Google二段階認証アプリで表示されている6桁の数字を入力
「Enable 2FA」をクリックすると、二段階認証の設定は完了です。

本人確認

次に「本人確認」を行います。

本人確認は必須ではありません
身分認証(本人確認)をおこなわないと引き出し限度額が2BTCまでに制限され、身分認証をおこなうことで引き出し限度額を100BTCまで増やすことができます。

「ユーザーセンター」画面の「身分認証完成」をクリックします。

バイナンス登録13

個人情報入力と、本人確認書類アップロードフォームの画面になります。

「ほかの国と地域」にチェックを入れ、個人情報を入力していきます。

バイナンス登録15

名前・・・ローマ字で入力
国また地域・・・英語で「Japan」と入力
パスポート番号・・・パスポート番号か運転免許証番号を入力

続いて本人確認書類をアップロードします。

「本人確認書類」から、免許証などの身分証明書の写真データをアップロードします。

バイナンス登録16

  1. パスポートカバー
    パスポート表紙か運転免許証の表面
  2. パスポートの個人情報ページ
    パスポートの顔写真のあるページか運転免許証の裏面
  3. パスポートの個人情報ページと個人署名を含めた正面写真
    以下の3つが一緒に写った写真
    ・自分の顔
    ・パスポートの個人情報ページor免許証の表面
    ・「Binance」と当日の日付を書いた紙

※ファイル形式はJPGのみ対応

入力情報と本人確認書類に不備がなければ数日後に身分認証が完了し、レベルが2になります。

バイナンス登録18

以上で、バイナンスの登録は完了です

バイナンス(Binance)へ入金する

バイナンス(Binance)のアカウント登録が完了すると、仮想通貨を購入できるようになります。(レベル1のままでも取引可能)

まずは仮想通貨を購入するための資金を入金する必要がありますが、バイナンス(Binance)への入金は、ビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)で行います。現状日本円の入金には対応していませんので注意してください。

ただ、様々な取引所やウォレットから入金できますので、仮想通貨取引きを行っている方にとっては、日本円で入金するよりも楽チンです。

入金(送金)手順

バイナンス(Binance)にログインし、画面上部「資産 >預金の引き出し」をクリックします。

バイナンス入金1

バイナンスで所有している総資産が表示されます。入金や出金(送金)は、この画面から行います。

他の取引所やウォレットからビットコイン(BTC)を入金したい場合は、「BTC」の行の「預金」をクリックします。

バイナンス入金2

預金アドレス(送金先アドレス)が表示されるので、他の取引所やウォレットから、このアドレス宛にビットコインを送金すればバイナンス(Binance)への入金が完了します。

バイナンス入金3

バイナンス(Binance)の使い方

バイナンスの操作方法についての詳細は別途マニュアルページを用意しています。